UA-124936029-1
やさしい税務会計ニュース
やさしい税務会計ニュース
文書作成日:2020/09/29
会社が支出した社宅の礼金の消費税法上の取扱い

[相談]

 このたび、私の勤務する会社では住宅用マンションを賃借し、これを従業員に社宅として貸付けることとなりました。
 この社宅の賃借にあたって会社から大家に支払った礼金(契約締結時に大家に支払う一時金で、賃貸借契約終了時に返還はされません)について、その消費税法上の取扱いを教えてください。
 なお、その社宅の契約期間は2年間です。


[回答]

 ご相談の社宅の賃借にあたって支払った礼金については、消費税は非課税(非課税仕入れ)となります。


[解説]

1.消費税の課税対象

 消費税法では、国内において事業者が行った資産の譲渡等(事業として対価を得て行われる資産の譲渡・資産の貸付け・役務の提供など)には、消費税を課税することと定められています。

 また、建物等の賃貸借契約の締結にあたって受ける保証金、権利金、敷金等のうち、返還しないこととなるものは、「権利の設定の対価」であることから、上記の「資産の譲渡等」の対価に該当し、原則的には、消費税の課税対象となります。

2.消費税の非課税取引

 消費税法では、上記1.の消費税の課税対象となる取引であっても、一定のものについては消費税を課さない(非課税取引)ことが別途定められています。

 住宅の貸付けもその1つで、住宅の貸付け期間が1ヶ月に満たない場合を除き、非課税取引となります。

※住宅用の建物を賃貸する場合において、賃借人が自ら使用しない場合であっても、その賃貸借契約において、賃借人が住宅として転貸することが契約書その他において明らかな場合には、その住宅用の建物の貸付けは、「住宅の貸付け」に含まれ、さらに、その場合において、賃借人が行う住宅の転貸も「住宅の貸付け」に該当することと定められています。
このため、今回のご相談における社宅の賃借と、その社宅の従業員への貸付は、消費税法上の非課税取引となります。

3.住宅の礼金の取扱い

 消費税法上の家賃には、月決め等の家賃のほか、敷金、保証金、一時金等のうち返還しない部分等も含まれることと定められています。

 したがって、今回のご相談における社宅の礼金(返還されないもの)の支払は、権利金等の一つであることから原則的には消費税の課税対象であるものの、住宅の礼金は住宅家賃に含まれることから、その支払は消費税法上の非課税取引に該当することとなります。


[参考]
 消法2、4、6、消法別表第1、消令16の2、消基通5-4-3、6-13-7、6-13-9など


※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
 本情報の転載および著作権法に定められた条件以外の複製等を禁じます。



雑誌の購読費用を年払いした場合の、短期前払費用の適用可否2020/09/22
持続化給付金についての、消費税法上の取扱い2020/09/15
事業年度終了の日に雇用調整助成金の交付額が未確定の場合2020/09/08
新型コロナの影響により開始した弁当販売と、消費税簡易課税制度の事業区分2020/09/01
新型コロナの影響により開始した弁当販売と、消費税軽減税率2020/08/25
ひとり親世帯臨時特別給付金への所得税の課税の有無2020/08/18
米国人従業員を国内採用した場合の、源泉所得税の徴収と納付2020/08/11
家賃支援給付金への、所得税の課税の有無2020/08/04
支援対象が拡大された持続化給付金の所得税法上の取扱い22020/07/28
テレワーク設備を新たに導入した場合に活用できる、税制上の優遇措置2020/07/21
支援対象が拡大された持続化給付金の所得税法上の取扱い2020/07/14
新型コロナウイルス感染症関連で地方独自に支給される給付金と、所得税2020/07/07
新型コロナウイルス感染症対応休業支援金への、所得税の課税の有無2020/06/30
納税猶予制度とクレジットカード納付の併用可否2020/06/23
個人事業を法人成りしても、所得税の予定納税をしなければならないか2020/06/16
 



 
お問合せ
辻浩行税理士事務所

〒542-0072
大阪市中央区高津3ー1−6
シャリエ日本橋高津206号室

TEL : 06-6626-9012

FAX:06-6626-9013
携帯 : 090-4563-0335

メールでのお問合せ
経営支援